任意後見契約とは

日常生活をはじめ、施設への入所、病気の際の入院手続など、認知症などでお金に関する判断能力の低下したときに支援してくれる人を後見人といいます。

おひとり様の死後事務委任契約には任意後見契約が必須でございます。
死亡届を出せるのが任意後見人及び任意後見受任者だからです。

後見には、法定後見と任意後見の2種類がありますが、将来、判断能力が低下した場合に備えて、財産管理事務についての契約(公正証書)をあらかじめ結んでおくことを任意後見契約といいます。

親族の方が任意後見人になることも可能ですが、適任者を探すことが難しい場合は、幣所が任意後見受任者になる事も可能でございます。

任意後見人の主な業務

  • 通帳や印鑑、株券、権利証など貴重品の管理
  • 医療に関する契約
  • 遺産相続に関する手続き
  • 行政上の手続き
  • 金融機関との取引

「死後事務委任契約」とセットで締結するのがお勧めです。

書類作成料金

任意後見契約書作成7万円
財産管理委任契約書作成7万円
死後事務委任契約書作成12万円

任意後見契約の料金

幣所で任意後見契約を受任した場合の月額の料金です。

管理する財産額月額料金
3000万円以下2万円
3000万円超5000万円以下3万円
5000万円超1億円以下5万円
1億円以上7万円

お気軽にご相談ください

行政書士とくだ法務事務所
〒146-0082東京都大田区池上4-13-2
TEL:050-1539-6954
FAX:03-3751-0319
☎受付時間:9時~19時土日祝も対応可
✉お問い合わせ24時間受付
迅速に対応いたします