死後事務委任契約とは

身寄りがいない為、自分の亡くなった後が心配だ。
子供と疎遠になっているため、信頼できる人に自分の死後の処理を任せたい。

「 自分が亡くなった後の手続き、すなわち「死後事務」について、あらかじめ信頼できる誰かと契約を結び、依頼しておく方法があります。これが「死後事務委任契約」と呼ばれるものです。

遺言書は、主にご自身の財産を誰にどのように引き継いでもらうかを指定するものですが、死後の事務的な手続きについて遺言書で細かく指定しても、必ずそのとおりにしてもらえるとは限りません。

このような遺産相続以外の事務については「死後事務委任契約」を結べば、どのように処理してほしいかを指定しておくことができます。

死後事務として委任する内容・手数料

  • 行政官庁への死亡届(2万円)
  • 病院、医療機関の入院費の清算(2万円)
  • 老人ホーム等の施設利用料の支払いと入居一時金等の受領(2万円)
  • 通夜、告別式の手配(10万円)
  • 火葬、納骨、散骨、埋葬に関する手続き(10万円)
  • 関係者への死亡通知(1件/2千円)
  • 勤務先の退職手続き(3万円)
  • 住居内の遺品整理立ち合い(5万円)
  • 不動産賃貸借契約の解約・住居引渡しまでの管理(5万円)
  • 不動産売却(20万円)
  • 公的年金、健康保険等の資格手続き(1件/2万円)
  • 公共料金等の解約・精算(1契約/2万円)
  • SNS・メールアカウントの削除(1アカウント/1万円)
  • 住民税、固定資産税等の納税手続き(1件/2万円)

 

 

お気軽にご相談ください

行政書士とくだ法務事務所
〒146-0082東京都大田区池上4-13-2
TEL:050-1539-6954
FAX:03-3751-0319
☎受付時間:9時~19時土日祝も対応可
✉お問い合わせ24時間受付
迅速に対応いたします